【1年で利回り40%】今後の成長がさらに期待されるVUGの魅力を解説。

2021.11.30

「効率的に資産を増やしたい!」

さまざまな投資先がありますが、個別株よりもETFの利用が便利です。ETFは複数の銘柄へ分散投資できるので、リスクも低く、堅実的な投資先と言えます。

ETFの純資産は、2000年頃は少なかったものの、現在では長期で右肩上がりに成長しています。一方、既に価格が上がったナスダックなどへの投資に、不安を抱く人がいるのも事実です。

そこで当記事では、S&P500(VOO)やナスダック100(QQQ)よりも優秀なVUGを紹介します。今後も成長性が見込まれる銘柄なので、参考にしてみてください。

S&P500やナスダックは今からはじめても大丈夫?

成長への投資
Businessman watering drawing tree with can. Green plant consisted of business infographic signs. New startup development. Business support and assistance metaphor. Investing into ideas.

ETFの中でも「手堅く利回りを得られる銘柄」として、S&P500やナスダック100を思い浮かべる人は多いでしょう。

まずはそれぞれの基本情報と、過去のパフォーマンスを解説します。

ティッカーベンチマーク経費率純資産総額
VOOS&P5000.03%27.3兆円
QQQナスダック1000.2%20.3兆円

参考:You Tubeチャンネル「ライオン兄さんの米国株FIREが最強」

VOOとQQQは、どちらも純資産総額が大きく経費率が安いという特徴があります。QQQの経費率は0.2%とVOOよりも高めですが、日本の投資信託で見られる銘柄よりも遥かに安いです。

また直近のパフォーマンスを見ても、右肩上がりで成長しています。コロナショック後も回復を見せ、現在高値で安定しているのです。

これらの情報から、S&P500やQQQは堅実な投資先と言えるでしょう。一方で「ナスダックは価格が上がりすぎて、今が天井じゃないの?」と不安を抱く人もいます。

しかし、ITバブル時と違って銘柄に実力があるため「当時とは状況が違う」とも言えるでしょう。

これからナスダックを始めることが不安な人へ

2021年現在、ハイテク株は株高です。過去のブーム(バブル)を見てみましょう。

  • 1980年代:日本バブル
  • 1990年代:IT(ハイテク)バブル
  • 2000年代:新興国バブル
  • 2010年代:ハイテクブーム

2010年代には、GAFAなどの株価が大幅に上がりました。このまま2020年代もハイテクブームが続けばよいですが、実は懐疑的です。

セクターにはローテーションがあります。そのため、過去に20年連続で同じブームは起こっていません。すでに高値を更新している、QQQ指数への投資が不安視される所以です。

そこで「これからQQQへの投資は遅いのではないか?」と不安な人に、S&P500よりもパフォーマンスのよい「VUG」を紹介します。

成長企業へ分散投資できるVUGの魅力

VUGとは、簡単に言うと「今成長中の大型企業280銘柄に分散投資できる」ETFです。下記で基本情報を見てみましょう。

名称バンガード 米国グロース株ETF(VUG)
ベンチマークCRSP US ラージキャップ・グロース・インデックスのベンチマークを目指すETF
特徴・純資産総額9兆円以上・米国大型グロース株を約280銘柄で構成・時価総額加重平均・配当利回り 0.54%・経費率 0.04%

VUGは純資産総額9兆円以上を誇り、成長性のあるETFです。経費率が非常に安く、0.04%となっています。

またVUGの構成銘柄に選ばれる条件は、下記のような厳しい基準が設けられています。

  • 長期EPS成長予想
  • 短期EPS成長予想
  • EPS成長の過去3年実績
  • 売上高成長の過去3年実績
  • 総資産に対する短期投資比率
  • 純資産利益率ROA

VUGは、ハイテク銘柄だけでなく「成長性の高い企業」に投資しています。「成長性の低い企業」は自動的に排除してくれるので、暴落リスクを軽減できるという点が魅力です。

VUGは「S&P500よりもパフォーマンスが出るグロース株に投資したいけど、ハイテク銘柄に集中した銘柄は怖い」という人に向いています。

投資する際は「中身」を理解する

「VUGはS&P500やナスダックよりも優秀」と述べましたが、現時点ではQQQの中身と大きく変わりません。

VUGの構成銘柄(2021年10月現在)占める割合
トップ10銘柄43.03%
GAFAM37.53%

QQQとの中身の差はありませんが、投資する際は「ベンチマークの理解」が重要です。「この指数はどのように投資先を採用しているのか?」を理解しておかなければいけません。

10年後には、世界は大きく変わっています。QQQとVUGの中身も大幅に変わっている可能性があるので、過去のリターンだけで投資先を選ぶのはやめましょう。

ETFや投資信託の中身を理解・納得した上で投資してください。

VUGは1年で利回り40%

VUGの純資産総額は、ETFランキング9位です。純資産残高の増加とともに、今後も株価上昇が期待できます。

VUGとVOO、QQQそれぞれの騰落率も見てみましょう。

期間VUGVOOQQQ
1年40.30%37.68%42.33%
5年189.77%127.35%239.48%
年初来22.22%21.52%22.06%

VUGへの投資で効率的に資産を増やそう!

VUGは成長性の高い企業へ分散投資でき、かつリバランスもしてくれる優秀な投資先です。

もちろん、今までVOOやQQQへ投資している人は売却する必要はありません。一方、これからQQQへの投資を考えていて不安を感じている人は、VUGがおすすめです。

経費率が安く、純資産総額も大きく増加傾向です。気になる人は、VUGへの投資を始めてみてください。