FIREするための投資手順!期間短縮するための方法解説

2021.10.15

「FIREしたいけど時間がかかりすぎて憂鬱」

「早期リタイアするための効率的な投資方法を知りたい!」

「Financial Independence, Retire Early」の頭文字をとったFIRE。FIREは年間支出の25倍の資産をつくれば、年間で4%切り崩しても資産が減らないというアメリカ発祥の考え方です。

リタイアやセミリタイアを夢見る人は少なくありません。一方で、実際に目指そうとシミュレーションすると、「こんなに長期間かかるの?」と思ったことはありませんか?

現金貯蓄や金融投資のみでFIREを目指すと、15年以上かかってしまうケースが多いです。そこで今回は、FIREの再現性を高めるための投資方法を解説します。

FIREを目指すための基礎知識

FIREを目指すなら、下記の基礎知識はしっかり押さえておきましょう。

  • 固定費の見直し
  • 投資への勉強、実践
  • 収入アップ(副業)

固定費の見直しは、年間支出を抑える・投資額をアップさせるために必要な方法です。また、投資への勉強や実践。投資額を上げるため、副業による収入アップも重要なポイントです。

ただし、今回は上記の深掘りをしません。正しい投資手順を理解して、FIREへの期間短縮を目指しましょう。

あなたのFIREリテラシーは?

突然ですが、FIREリテラシーの簡単なチェックをします。下記5つの中で、FIREするために最も重要なポイントはどれだと思いますか?

  1. 運用利回り
  2. 年収
  3. 年間の生活費
  4. 年間の貯蓄額
  5. 貯蓄率

1度考えてみてください。

正解は5番!

FIREするために最も重要なポイントは、5番の貯蓄率です。2番の年収が重要と思われがちですが、これは貯蓄率を上げるための手段として考えましょう。

参考:You Tubeチャンネル「ライオン兄さんの米国株FIREが最強」

上記の表は、貯蓄額と投資リターンによるリタイアまでの年数をあらわしています。米国株への投資なら、リターンは2〜5%ほど。上級者なら10%ほどで、投資の神様であるウォーレン・バフェット氏は約20%と言われています。

もちろん、貯蓄率と投資リターンが高まるほど、FIREへの期間は短縮。反対に年収が高くても、貯蓄率が低ければFIREへの期間は伸びてしまいます。

さまざまな浪費の誘惑に負けず、お金の使い方に注目しながら生活しましょう。

FIREを早期で叶えるための投資手順

FIREを目指すとき、あなたはどれくらいの期間で達成したいですか?例えば、年収1,000万円の人が毎年500万円を投資した場合、FIRE達成までの期間は約15年と言われています。

一方で、You Tubeチャンネル「ライオン兄さんの米国株FIREが最強」を運営するライオン兄さんは、わずか3年でFIRE達成できる方法を知っています。

下記で詳しく紹介しますので、参考にしてみてください。

そもそも金融投資は利回りが低い

年収1,000万円の場合であっても、なぜFIREまで15年かかってしまうのか。それは、そもそも金融投資は利回りが低いからです。

投資先年利
インデックス投資5%
個別株投資10%
自己投資3000%〜
事業投資(広告)300%〜

インデックス投資は堅実な投資方法ですが、これでは早期FIREは難しいと言わざるを得ません。また投資を学び、個別株へ投資しても年利は10%です。

金融投資は複利運用で資産を大きくするため、FIREまで時間がかかってしまいます。

そこで、金融投資からはじめるのではなく、さらに利回りの高い投資先からはじめましょう。例えば自己投資なら、次のような方法があります。

  • 本を買って読書、ビジネスについて学ぶ
  • コンサルティングを受ける

自己投資によって、資産を増やすノウハウを学び、スキルを身につけることが大切です。確かに、これらの方法をとると一時的に資産は減ります。

しかし自身の稼げるスキルに自己投資すると、最終的な利回りは3,000%以上を目指せるのです。

自己投資の資金調達として副業をはじめよう

自己投資をするにも資金が必要ですよね。しかし自己投資する資金がない場合は、固定費・支出の見直しだけでは間に合いません。

そこで、資金を得るために副業がおすすめです。しかし、副業を成功させるためにはすべて無料ではじめると失敗します。正解をしている人に教わったほうが、効率的かつ確実です。

自己資金を高められたら、事業として起業できます。事業(広告)投資をはじめれば、年率300%の可能性も。資産を増やすためには、投資の順番・手順をしっかり確立しましょう。

はじめの投資先は自分

前述した内容をもとに、FIREするための投資手順を確認しておきましょう。

  1. 自己投資
  2. 事業投資
  3. 金融投資

上記の手順を守れば、あなたの資産は早くかつ大きくなります。早期リタイアを目指すなら、まずは利回りの高い自己投資からはじめましょう。

投資手順を見直し早期FIREを目指そう

自己投資は、早期FIREに欠かせない手順です。闇雲に投資せず、まずは高い利回りの自己投資からはじめてください。

さらにその先、学ぶことでFIREの再現性は高まります。資金が増えれば投資できる額が大きくなり、資産を効率的に増やせるでしょう。

もちろん、100%うまくいく保証はありません。しかし小さな投資額で複利運用すると、FIREまでには長い期間が必要です。

ライオン兄さんは、今回紹介した「自己投資」と「事業投資」、「金融投資」をすべて教えています。「やり方、進め方がわからない!」という人は、ぜひチェックしてみてください。

今回の投稿をもっとわかりやすく動画で説明