絶対NG!SPYD投資でやってはいけないこと、失敗しない手法を解説します

2021.08.05

「高配当ETFのSPYDが気になる」

「SPYDを買っておけば安心?」

高いリターンが期待できると、注目を浴びているSPYD。初心者でも気になる人が多いかと思いますが、SPYD投資には絶対にやってはいけない手法があります。

当記事では、SPYD投資の注意点と正しい手法について解説します。高配当株投資について深い理解を得られる内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

SPYDの魅力

SPYDとは、高配当ETFのことを指し、配当利回り4〜6%という高いリターンを得られることで人気があります。ETFなので、簡単に言うと高配当株の詰め合わせパックと言えるでしょう。

本来、高配当株を個別株で購入した場合、購入銘柄が減配や無配になった際に株価は暴落して含み損が出ます。しかし、SPYDは高配当株80銘柄に分散が効いているので、1つの銘柄が暴落した場合でもあまり影響がありません。

高いリターンを目指せるのに、リスク分散までできる優秀な商品なのです。ただし、高配当株投資家からも人気の高いSPYDですが、絶対にしてはいけない投資方法もあります。後半で解説しますので、最後まで読んでみてください。

SPYDで知っておくべきこと

SPYDのNG手法かつ正しい投資方法を理解するためには、知っておくべきことがいくつかあります。それは、SPYDの特徴とSPYとの根本的な違いです。

「高配当株ETFを購入しておけば儲かる」と初心者が安易に投資をはじめると、損をする危険性があります。下記ではSPYDで知っておくべきポイントについて、わかりやすく解説します。

SPYDの特徴

SPYDとは、S&P500指数のうち、配当利回りの上位80銘柄のパフォーマンスをベンチマークとしたETFのことを指します。1銘柄約1.25%で均等分散。配当利回り4〜6%を得られます。

また、SPYDにはハイテク銘柄がほとんど組み入れられていません。なぜなら、ハイテク銘柄は配当金を出さない企業が多いからです。

SPYDは株価をあげる点よりも、配当金を出すことを目的としています。そのため、基本的にSPYDにはハイテク銘柄が含まれていないのです。

SYPDとSPYの違い

SYPDと比較・混同されやすいSPY。SPYとはS&P500ETFのことを指し、米国を代表する大型銘柄500を組み入れている優秀な商品です。

SPYの組入は、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)やテスラなどハイテク銘柄が多く、加重平均されています。また、ハイテク銘柄は基本的に配当金を出しません。

「SPYDとSPYは全く別物である」ということを、理解しておきましょう。

絶対にやってはいけないSPYDの投資手法

結論からお話すると、SPYDで絶対にやってはいけない投資手法は「積立投資」です。高配当株ETFは景気敏感株が集まっているので、コロナショックをはじめ暴落時に大きく価格が下落します。

積立投資を行う人の多くは「安全に投資したい」と考えているので、大幅な暴落時に耐えられないことが多いのです。そのため、価格下落時に含み損を回避しようと、狼狽売りする人が多数発生します。

さらに、SYPDは購入毎に手数料が発生するので、平均取得単価が上がりやすいデメリットもあります。平均取得単価が徐々に引き上げられ、暴落が起きると、一気に含み損になってしまうのです。

安全に積立投資で運用したい人には、SPYDは向いていません。SPYDを積立投資するのは避けた方が賢明だと考えられます。

SPYDの正しい投資方法とは

SPYDの積立投資はNGと述べました。では、正しい投資方法とは何でしょうか?答えは「一括投資」です。

株価低迷や暴落時に、まとめて購入することが適しています。また、株価が今後上昇するという初動時点に購入すべきです。

株価低迷時に一括投資をしていた人は、コロナショックや大暴落が起きたときにも、配当金を確保できています。SPYDは景気敏感株の集まりなので、株価が大幅に下落した際にまとめて購入しましょう。

反対に、SPYのチャートは基本的に右肩上がりなので、積立投資に向いています。積立投資によって平均取得単価が上がっても、株価も上昇しているので問題ありません。

SPYD投資で失敗せず高配当を目指そう

SPYD投資で絶対にやってはいけない手法は、積立投資です。積立投資をしたい人の心理とは、安全に投資したいということ。

高配当ETFは、景気敏感株の集まりなので、景気が後退した際にいち早く売りに出されます。コロナショックによる株価の大暴落時には、回復にも時間がかかりました。

初心者や安全に投資したい人は、このストレスに耐えられずに狼狽売りし、損をしてしまう人が多いのです。株価の大暴落が起こりやすい、SPYDは株価を上げるのではなく配当を出すのが目的という点をしっかりと理解し、SPYD投資を行いましょう。

基本的に、SPYD投資は初心者には向きません。もし購入する場合は、当記事でお話した内容をしっかり理解した上で行ってくださいね。

具体的な投資方法がわからない!という人向けに、You Tubeチャンネル「ライオン兄さんの米国株FIREが最強」運営者であるライオン兄さんが、無料のオンラインセミナーを開催しています。SPYD投資で失敗せずに高配当を目指せるよう、気になる人はぜひチェックしてみてください。

参考動画はコチラ