投資のリスクとは?リスク分散で安全性の高い資産運用を目指そう

2022.12.23

「投資」と聞くと、「リスクがあるもの」と考える人が多いのではないでしょうか。投資によって保有する金融資産には「価格変動」があるため、「損をするリスクがある」と考えてしまうのでしょう。

確かに、金融資産への投資は「暴落リスク」を背負わなければいけません。しかし、現金だけを保有することにも一種の「リスク」があります。当記事では投資のリスクについて解説するので、参考にしてみてください。

投資のリスクは「=危険」じゃない!

結論、投資のリスクは「=危険」ではありません。リスクとは、正確にいえば「危険が生じる可能性」を指します。投資におけるリスクは「資産運用による成果の変動幅」のこと。変動幅が広いことを「ハイリスク」、狭いことを「ローリスク」と言います。

投資のリスクは「暴落によって損をする可能性がある」というものです。しかし、現金資産のみをもつことにも「現金の価値が下がる(上がらない)」という一種のリスクが存在します。

また、投資は時間や投資先を分散することでリスクを軽減することができます。リスクを分散しつつ投資を行えば「ローリスク・ローリターン」での堅実な運用を目指せるのです。

ただし投資初心者が投資をする場合は、価格が下落したときでも生活や将来に大きな損失を与えない範囲で行うことが大切です。あらかじめ理解しておきましょう。

投資リスクを分散する方法

投資リスクを分散する方法を紹介します。

  • 資産を分散する
  • 時間を分散する
  • 地域を分散する

上記を押さえておけば、投資初心者でも容易に投資リスクを分散できます。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

資産を分散する

投資リスクを分散する方法は、「資産を分散すること」です。現金・株式・投資信託・債券などのバランスをとってポートフォリオを組むことで、万が一、価格が下落したときでも保有する資産全体の暴落を防げます。

「投資による資産形成」といっても、リスクに備えた現金資産の保有も欠かせません。投資は「価格が下がったときに買い、上がったときに売る」ことで利益を得ます。

価格が下がったときに買い増しする資産・価格上昇までの余力を確保するためには、ある程度の現金確保が必須なのです。年間生活費の最低1、2年分の現金を確保しつつ、余剰資金による分散投資を堅実に行うことが資産形成のカギとなります。

時間を分散する

投資リスクを分散するためには「時間分散」も重要です。投資する時間(期間)を分散することで、以下のように収益率の安定化を図れます。

以下の「保有期間1年」「保有期間15年」の収益率を見てみましょう。

引用:みずほ証券

【保有期間による収益率の変動】

  • 保有期間が短い:収益率の振り幅が広い
  • 保有期間が長い:収益率の振り幅が狭い

上記の数値はあくまで一例ですが、保有期間が長いほど収益率は安定しやすくなります。非課税制度「積立NISA」を開始した金融庁も、長期・分散投資を推奨しています。

投資初心者であっても、積立投資によって時間を分散すれば投資におけるリスクを押さえることが可能です。リスクを抑えつつ資産形成をしたいなら、短期間で大きなリターンを求めるのではなく、毎月コツコツ積み立てをして長期投資による「ある程度の利益」を目指しましょう。

積立NISAを利用すれば通常かかる税金も0になるので、うまく取り入れてみてください。積立NISAで投資信託やETF銘柄を購入すれば、簡単に分散投資ができます。

地域を分散する

投資リスクを分散したいなら、投資先の「地域を分散」すべきです。日本の金融資産だけでなく、米国や新興国といった全世界の通貨・株式などに資産を分散しましょう。

例えば、日本円だけを保有している場合。円安ドル高で「円の価値」が下がってしまうと、物価高やインフレの影響を直に受けてしまいます。

反対に、円を保有しつつドルにも資産を分散しておくと、ドルの価値が上がったときに利益を得られます。ドルは世界の基軸通貨であり、通貨価値の信頼性が高いです。

円資産だけを保有するのではなく、「自分が信頼できる」と考える資産に分散しておくのがおすすめです。

投資リスクを分散して資産を運用しよう!

投資を行うと、どうしても「価格変動による損失の可能性」があります。初心者はこのリスクを「危険だ」と感じてしまいがちですが、「現金のみで資産を保有するリスク」も理解しておかなければいけません。

金融商品への投資はリスクがあるものの、分散投資によって価格変動による損失の可能性を限りなく低くすることは可能です。投資先や時間、地域などを分散して、低リスクかつ安定した資産形成を目指しましょう。

financial Free collegeでは、お金・投資を学べる「無料勉強会」を実施しています。投資のプロ・FIRE経験者などの講師が教えるので、初心者でも投資にリスクについて理解できます!

  • TOP
  • コラム
  • 投資のリスクとは?リスク分散で安全性の高い資産運用を目指そう