積立NISAとは?初心者にもわかりやすく解説

2022.11.18

「今さら聞けない・・・積立NISAってなに?」

「積立NISAは初心者におすすめって本当?」

積立NISAは、最大20年間の非課税枠を利用できるお得な投資方法の1つです。

当記事では、積立NISAについて初心者向けにわかりやすく解説します。おすすめの理由や投資の手順なども紹介するので、参考にしてみてください。

積立NISAとは?

積立NISAとは、長期・積立・分散投資を支援するために始まった金融庁による非課税制度です(2018年1月開始)。積立NISAを利用すれば、投資で得た運用益(利益)に税金がかからなくなります。

非課税期間は最長20年間で、毎年上限40万円の積立投資ができます(下限は100円もしくは1,000円)。非課税期間は積立投資をした年から20年間となるので、例えば2042年に積立投資を始めた分の非課税期間終了は2062年です。

非課税期間のわかりやすいイメージは以下をご覧ください。

引用:金融庁

非課税枠は、毎年1つずつあけられる宝箱と同じです。2023年以降にはじめたとしても、非課税枠の恩恵を十分に受けられるので、ぜひ活用してみてください。

積立NISAの利用条件

積立NISAの利用条件は以下のとおりです。

利用できる方・日本在住の20歳以上※(口座を開設する年の1月1日時点)・積立NISAと一般NISA、どちらか一方を選択※2023年1月から18歳以上
非課税対象投資で得た分配金や譲渡益
口座開設1人1口
非課税投資枠毎年上限40万円(20年間で最大800万円)
非課税期間最長20年間
投資対象商品金融庁指定の投資信託もしくはETF

NISA口座は、日本在住の20歳以上であれば誰でも口座開設が可能です。積立NISA・一般NISAいずれかを選択して1人1口が条件ですが、利用して損はありません。

積立NISAの投資対象は、金融庁が厳選した優良銘柄です。例えば、以下のような特徴をもつ銘柄が用意されています。

  • 販売手数料ゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬が安い
  • 信託契約期間(償還日までの期間)が無期限または20年以上

上記のような、運用コストが安い・無理やり償還※される心配がない銘柄ばかりです。

※債券や投資信託が満期を迎え、投資家にお金を返還すること

※損益が出ている場合は、含み損が確定する

また、積立NISAは長期の分散投資を支援する制度のため「長期で安定した利益が期待できる」と金融庁が判断した銘柄が揃っています。

積立NISAと一般NISAとの違い

NISA口座を開設するときは、積立NISA・一般NISAどちらで運用するかを選択する必要があります。積立NISAと一般NISAの違いは以下のとおりです。

項目積立NISA一般NISA
非課税期間最長20年最長5年
非課税投資枠年間40万円年間120万円(2024年以降は122万円)
拠出ルール定期拠出随時入金もしくは定期拠出
投資対象商品投資信託・ETF株式投資信託・国内株・外国株・ETF・ETN・REIT など

積立NISAと一般NISAの大きな違いは、非課税期間と投資枠です。一般NISAは年間上限120万円の投資が可能ですが、非課税期間が最長5年と短めです。

また、積立NISAで投資できるのが投資信託と一部のETFのみなのに対し、一般NISAでは幅広い投資先を選ぶことができます。

しかし、投資初心者には長期で分散投資を行える積立NISAがおすすめです。投資は長期間で積立投資をすることで暴落リスクを抑えられます。5年の投資期間で資産を増やすのは難しいため、積立NISAで資産を低リスクで運用するのが最適です。

積立NISAが初心者におすすめな理由

積立NISAが初心者におすすめな理由は、以下のとおりです。

  • 最長20年間の非課税枠でお得
  • 長期の積立投資で暴落リスクを抑制
  • 運用コストが安い
  • 確定申告が不要

例えば、毎月3万円(年間36万円)を20年積立投資した場合。年率4%なら20年後の資産は約1,100万円(元本720万円・運用益380万円)となります。

資産運用シミュレーションを参照

本来、投資で得た利益には20.315%の税金がかかるため、380万円のうち87.97万円が差し引かれます。その結果、手元に残るのは約292万円です。

一方、積立NISAを利用すれば運用益に税金がかかりません。手元には380万円の運用益がそのまま残るのです。

積立NISAは非課税期間終了後も、特定口座または一般口座(課税口座)で運用を継続できます。含み益0からのスタートなので、非課税期間中に得た利益に課税されることはありません。

前述したとおり、投資は長期間であればあるほど暴落リスクが低くなります。また長期間継続することで複利(利子につく利子)の恩恵も大きくなるので、20年以上の投資継続を目指しましょう。

気になる方はこちらのコラムもチェック

資産運用の基本!初心者がリスクを抑えて投資を継続する方法

積立NISAの確定申告は?不要の理由や口座別での注意点も解説します

積立NISAの始め方

積立NISAの始め方は以下のとおりです。

  1. 投資の基本を勉強する
  2. NISA口座を開設する
  3. 投資先を決める
  4. 金融商品を購入する
  5. 中長期で運用する

積立NISAは基本的にほったらかし投資ですが、「投資」というリスクを負う以上、投資の勉強は必須です。「将来、経済成長しそうなファンド(米国株・全世界株など)はどれか」しっかりリサーチしたうえで銘柄を選択・購入しましょう。

ちなみに、NISA口座を開設する証券会社はSBI証券がおすすめです。為替手数料が安くなる「外貨即時決済サービス(住信SBIネット銀行と連携)」や各種ポイント還元など、お得な特典を受けられます。

SBI証券の解説方法は以下のコラムで解説しているので、気になる方は読んでみてください!

【画像付き】SBI証券の開設方法をわかりやすく紹介

積立NISAを活用してコツコツ資産を形成しよう!

積立NISAを活用すれば、投資初心者でも十分な資産形成が期待できます。大切なのは、少額でもよいので堅実に積立投資を継続することです。

2023年改正案で「非課税の無制限化」も検討されている積立NISA。毎月3万円で20年後には約1,100万円、20代から継続すれば十分な老後資産になるはずです。

積立NISAをうまく活用して、コツコツ資産を形成しましょう!

  • TOP
  • コラム
  • 積立NISAとは?初心者にもわかりやすく解説