老後資金はいつから貯める?今すぐ資産形成を初めて余裕のある生活を手に入れよう

2022.10.07

「老後資金はいつから貯めるのがベスト?」

「まだ若いし、老後資金を考えるのは先でよい?」

年金額が引き下げられている今(2021年度・2022年度)、老後資金は早くから準備しておく必要があります。「40代くらいからで間に合うのでは?」と感じる人もいますが、中高年から老後資金を貯めるのは大変です。

結論、月々の負担を少なくしっかりとした老後資金を貯められるのは、早いうちに準備をしている人だけ。当記事では、老後資金をいつから貯めるべきか?年代別のシミュレーション付きで解説します。

老後資金をいつから貯めるべき?

「老後2,000万円問題」の話題も久しくなった昨今、老後資金をいつから貯めるべきか考え、不安を抱いている人も多いでしょう。

結論から述べると、老後資金を貯め始めるのに最適なタイミングは「今から」です。以下の記事では「老後2,000万円では足りない」と解説していますが、2,000万円〜3,000万円の資金を準備するにはある程度の時間が必要です。

「老後2,000万円じゃ足りない?老後資金はいくら必要なのか」

例えば、「3,000万円を10年で準備」するなら年間300万円・月々25万円の貯蓄が必要になります。数字からわかるとおり、現実的な金額ではありません。

当たり前ですが、3,000万円を10年と30年とで用意するのは毎月・年間の負担額が大きく異なります。そのため、20代もしくは気づいた「今から」老後資金を準備するのが大切です。

投資を活用し、若いうちから効率的に資産を形成しましょう。投資初心者でも、比較的低リスクで資産を運用できる方法(積立投資など)もあります。

老後資金形成の年齢別シミュレーション

老後資金形成の年齢別シミュレーションを画像付きで紹介します。20代・30代であれば、月々の負担を少なく資産形成できます。もちろん、老後資金を貯めるのは40代以上でも間に合うので、以下を参考にしてみてください

1:20代・30代なら少額積立でOK

20代・30代なら少額積立で十分な老後資金を貯められます。25歳・35歳を例に、積立投資を用いた資産運用シミュレーションを見てみましょう。

【25歳から40年運用 / 毎月3万円 / 年率4%】

引用:アセットマネジメントOne

毎月3万円を年率4%で40年間運用すると、約3,500万円の資産を形成できます。元本は1,440万円なので、貯蓄よりも投資でお金を増やすことがどれほど重要なことか理解できるでしょう。

【35歳から30年運用 / 毎月3万円 / 年率4%】

引用:アセットマネジメントOne

35歳から資産を30年間運用する場合は、毎月3万円・年率4%で将来の運用資産額は約2,100万円となります。25歳から40年間と同等額(約3,500万円)を用意するなら、毎月5万円の積立投資が必要です。

それでも、35歳からなら比較的負担を抑えつつ老後資金を準備できます。

2:40代以上ならある程度まとまった金額で積立を

40代以上から老後資金を準備するなら、毎月ある程度まとまった金額で積立投資を行いましょう。以下は、40歳・50歳から老後3,000万円を準備するときのシミュレーションです。

【40歳から25年運用 / 毎月6万円 / 年率4%】

引用:アセットマネジメントOne

3,000万円以上の資金を用意するためには、25年間の運用で毎月6万円の積立が必要です。ただし、40代はある程度収入アップを期待できるので、人によっては無理なく積立できるかもしれません。

【50歳から15年運用 / 毎月12万円 / 年率4%】

引用:アセットマネジメントOne

50歳になると、3,000万円の準備には毎月12万円の積立が必要になります。収入がある程度あっても、毎月の積立となると負担に感じる人が多いはずです。

50歳から月々の負担を抑えつつ老後資金を貯めたいなら、70歳まで働くなどして運用期間を長くすることがおすすめです。運用期間を20年間に伸ばせば、毎月8万円の積立投資で15年運用した場合とほぼ同額の資産を形成できます。

投資初心者は長期・積立投資でリスク減!

「初心者が投資をすると損をする」このように考えている人は少なくありません。しかし実際は、初心者でもリスクを抑えながら資産運用できる方法があります。

それは「長期で積立投資をすること」です。長期の積立投資によって以下のような分散が効きます。

  • 長期の積立投資:時間の分散
  • 投資信託やETFの購入:投資先の分散

投資において、最も重要なのがリスク分散です。時間・投資先を分散して運用を継続することで、リスクを抑えながら十分なリターンを目指せます。

当記事のシミュレーションでは「年率4%」を用いましたが、この数字はインデックス投資で期待できる平均です。「1年間で100万円に4万円の利益」と聞くと少額に感じますが、長期・複利で運用することで資産をほぼ確実に大きくできます。

長期間の運用を行うため、老後資金を「今から」貯め始めましょう。

老後資金は今すぐ貯め始めて豊かな生活を目指そう

老後資金に関する不安は、多くの人が抱えています。「老後資金に◯千万円なんて非現実的」と感じるかもしれませんが、若いうちから準備を始めれば毎月3万円の積立投資で3,500万円の資産準備も夢ではありません。

大切なのは、老後資金・いつから貯めるかの重要性に気づいた「今から」準備を始めることです。積立投資は投資の知識がない人でも始められますし、実践を通して金融リテラシーを高めれば高リターンの投資にもチャレンジできます。

「1人で始めるのは不安」と感じる人のためにFFCでは「無料勉強会」を実施していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

  • TOP
  • コラム
  • 老後資金はいつから貯める?今すぐ資産形成を初めて余裕のある生活を手に入れよう