積立NISAで失敗しないために覚えておきたいポイント

2022.07.08

年間40万円・最大20年間の非課税枠が魅力の積立NISAですが、残念ながら運用を失敗する人もいます。積立NISAは初心者でも始めやすい投資方法だからこそ、「失敗しないポイント」を押さえておくべきです。

積立NISAはハイリターンを目指すものではありませんが、長期間の継続で将来数千万円の資産形成を目指せます。積立NISAをうまく活用し、豊かな人生を実現しましょう。

積立NISAで失敗する人の特徴

積立NISAで失敗する人には、主に3つの特徴があります。

  • S&P500を過信している
  • 口座開設後に放置している
  • 売却してしまった

最低限、上記のポイントを覚えておきましょう。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

1:S&P500を過信している

積立NISAで失敗する人の特徴は、S&P500を過信しているという点です。S&P500は米国を代表する500社の銘柄の時価総額を基に算出される株価指数のことで、今後も長期で成長が期待できます

You Tubeチャンネル「ライオン兄さんの米国株FIREが最強」を運営するライオン兄さんも、これまで「S&P500は成長性のある優秀な銘柄」と紹介してきました。

一方で「今後はS&P500よりも全世界株式が伸びる」という見方があるのです。

引用:楽天銀行(三菱UFU国際投信 提供資料より)

上記は、Bloombergのデータをもとに作成された「主要国・地域別のGDP規模の比較」です。新興国や中国などの経済成長が見込まれていることから、米国株のほか新興国株や中国株が今後世界経済のトップを獲得する可能性があるのです。

S&P500に限らず、投資に「絶対大丈夫」はありません。安易に「S&P500に投資していれば大丈夫」と考えず、分散投資によって失敗リスクを抑えることが大切です。

2:口座開設後に放置している

積立NISAは、近年口座数が増加しています。一方で、開設後に放置されている口座も多く存在します。以下の「2020年中における買付額別口座数」を見てみましょう。

引用:金融庁

「買付額0円」が982,789口座で、全世代合計の口座数のうち3割以上が放置されていることがわかります。積立NISAの非課税枠は最長20年なので、放置しているだけ「非課税」という恩恵を捨てていることになるのです。

3:売却してしまった

積立NISAで失敗する人の特徴として、保有銘柄を売却してしまったという点も挙げられます。以下で、毎月3万円の積立・年利5%で運用できた場合の、運用期間5年と20年で比較してみましょう。

参考:金融庁「資産運用シミュレーション」

運用期間が5年の場合、元本180万円に対して運用益が24万円となります。ローリスクの投資としては十分な成果と感じるかもしれませんが、ここで資産を売却してしまうと非常にもったいないです。

参考:金融庁「資産運用シミュレーション」

上記は、積立金額・年利を同じ条件で20年間運用した場合の試算です。元本720万円に対して、運用益が513.1万円まで拡大しています。

積立NISAは長期投資によって、大きな資産の形成を目指せる優秀な投資手法です。長期投資によって複利(利子につく利子)の恩恵を受けられるため、結果的に数千万円規模の資産形成も可能になるのです。

また、積立NISAで得た運用益は最大20年間非課税になります。通常は20.315%の税金がかかるので、上記の運用益で言えば約104万円もお得です(513.1万円に20.315%の課税の場合)。

積立NISAは売却してしまうと、非課税枠は回復しません。長期での運用を前提とし、売却せずに投資を継続するのが大切です。

積立NISAは長期で運用するのが重要

積立NISAは、短期間で大きな利益を目指すものではありません。あくまでも長期間の資産運用が目標とされています。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。引用:金融庁「つみたてNISAの概要」

前述したとおり、同じ積立条件でも運用期間の長い・短いによって期待できる資産に大きな差が生まれます。毎月3万円の積み立てを年利5%で20年間運用すれば、1,200万円以上の資産も夢ではありません。

また積立NISAの非課税期間は最大20年間ですが、期間終了後も一般口座または特定口座で運用を継続できます。口座移行後も非課税期間で得た運用益には税金がかからないので、通常よりもお得に資産形成ができるのです。

積立NISAを正しく運用して資産形成に役立てよう

積立NISAは、初心者でも低リスクで始められる投資方法です。一方、口座を開設したものの1つの投資先を過信したりそもそも投資をしなかったりすると、積立NISAに失敗する可能性があります。

積立NISAは初心者でも始めやすいからこそ、最低限のポイントを押さえておくべきです。積立NISAは正しく運用すれば、将来的に大きな資産を形成できます。少額からでも問題ないので、今からコツコツ資産を積み立てましょう!

  • TOP
  • コラム
  • 積立NISAで失敗しないために覚えておきたいポイント